» 
 » 
DPF洗浄

DPF洗浄

トラックの事故を未然に防ぎ、
車両のコンディション回復とコストダウンをお約束します!

DPFとは?

DPFとは、ディーゼル微粒子捕集フィルター(Diesel Particulate Filter)のこと。
ディーゼルエンジンの排気ガスに含まれるPM (Particulate Matter: 粒子状物質) や粒子状物質、有害物質を捕集し、除去する装置です。

長年の走行で、DPFには徐々にススや燃え残りの灰(アッシュ)が堆積されていきます。
そうしてフィルター内に推積されたススやアッシュが目詰まりを起こし、凝固された状態となることで、排気ガスが排出されなくなり、新しい空気が入ってこなくなるのでエンジンは燃焼できず止まってしまいます。
走行中に車両が止まってしまう危険性だけでなく、DPFが汚れている状態では正常な燃焼が出来ないので燃費の悪化にも繋がります。

そうして、最終的にはDPFの交換を余儀なくされるのです。
運送会社様の平均的な車両使用状況ですと、通常では5年に1回交換が必要とされています。

DPFは交換から洗浄の時代へ

エムシーアールでは、特殊な洗浄装置を使用し、従来の水洗いやスチーム洗浄では落ちないマフラーの汚れを徹底洗浄いたします。
専用の器具を使ったプロの技術で洗浄することで汚れにくくなり、結果的にマフラーの寿命が延びます。
洗浄後は排ガスがクリーンになり、燃費が向上します。

本来なら交換が必要な部品を、エムシーアールのDPF洗浄で新品同様の性能に回復いたします。

BEFORE

AFTER

取付け後

費用は新品交換の約10分の1

通常、DPFの交換となれば、数十万円~数百万円の費用がかかります。
エムシーアールのDPF洗浄は、新品交換の約10分の1の費用で施工できます。
修理費用や部品交換と比べると低価格で費用対効果が高く、トータルコストダウンが実現するのです!

さらに、通常のDPF交換・修理となると丸一日かかることがほとんどですが、DPF洗浄でしたら短時間で対応できるので、稼働時間のロスも削減できます。(※症状によりお時間をいただく場合もございます)

ご利用の流れ

車検証をご準備ください

貴社作業

DPFマフラーの
取り外し

※貴社で取り外し、またはお取り引きディーラー及び民間整備工場にご依頼ください。

弊社作業

DPFマフラー
特殊洗剤洗浄
(約30~60分)

※車輌の排気量・DPマフラーの形式・大きさによって洗浄時間が異なります。

弊社作業

DPFマフラー
すすぎ
(約30分)

※車輌の排気量・DPマフラーの形式・大きさによって洗浄時間が異なります。

貴社作業

DPFマフラーの
取り付け

※貴社で取り付け、またはお取り引きディーラー及び民間整備工場にご依頼ください。

貴社作業

コンピューター
診断・強制燃焼

※作業終了後、エンジンをまわし、診断と強制燃焼を行ってください。

マフラー脱着に関して、当社取引先がございます!ご相談下さい。
(脱着別途費用が発生致します。)

脱着でのメリット

実際にあった事柄です。
長年に渡り、使用しているトラックのDPFマフラー洗浄をすることになり、(走行距離100万キロ)マフラーを外したら、他の部分も劣化で傷んでおり、その部分が壊れると、約100万円分の部品交換代がかかることがわかりました。

中々、トラックの詳細は気づかないことが多いと思いますが、人間ドックではないですがトラックドックを行うことも大事だと思います。

弊社にて洗浄いたします

DPF洗浄は、エムシーアールの事務所(宮城県仙台市若林区卸町東3丁目4−13)にて対応しております。

まずは一度お問い合わせください

DPF洗浄のご相談はお気軽にお問い合わせください。
車両型式、現在の状態などで概算でのお見積り価格をお伝えいたします。

お見積もりは無料です。